Q:形状記憶パーマってなんですか?

A:簡単に言うと、「シャンプー後の濡れた状態ではほぼ直毛ですが、乾かすとかけたパーマ形状が復活する」。特に熱を加えて乾かす、ドライヤーをかけるとシッカリと形が出てきます。

非常にセットが簡単です。

パーマをかけたことがある人は分かると思いますが、通常のパーマですと濡れ髪の状態が一番パーマの形状がシッカリと現れ、乾かすにつれて形状が弱くなっていきます。

パーマになれた人ですと、この性質を活かしてセットしてお好みのパーマのかかり具合を楽しみますが、慣れていない人はパーマが乾かし方で強く出たり、のびてしまったりと上手く扱えないことがあります。

形状記憶パーマはとにかくドライヤーを当てればOK!というパーマです。

詳しくは『形状記憶パーマ』のページに画像、解説があります。

おかげさまで1周年感謝記念

10月1日~11月末日感謝記念は下記の通りです

続きを読む 0 コメント

くすみ肌の原因と対策

顔のたるみの原因(1)肌弾力の低下

肌の弾力が低下すると、顔のたるみの原因になります。私たちの肌の真皮層には、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの成分があります。肌の弾力は、これらの成分が真皮層に適切な構造で十分に存在することで保たれています。しかし、肌の弾力(ハリ)は以下のようなことで失われてしまいます。

紫外線

紫外線、特にUVAは真皮層にまで届き、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す「繊維芽細胞」という細胞にダメージを与えます。線維芽細胞がダメージを受けると、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの生成量が減ってしまうだけではなく、これらを分解する酵素が過剰に分泌され、肌の弾力が失われます。

生活習慣

繊維芽細胞がコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を生成するには、たんぱく質やビタミンCをはじめ、様々な栄養素が必要です。食生活のバランスが悪いと、線維芽細胞に十分な栄養がいきわたらず、肌のハリが失われます。また、「お肌は夜作られる」と言われるくらい、睡眠は肌にとって重要です。当然ながら、睡眠不足も肌のたるみの原因となります。

乾燥

角質層の水分保持力が低下した状態、つまり肌が乾燥した状態になると、真皮層の水分を十分に保つことができなくなり、真皮層の負担となります。

加齢

赤ちゃんの肌にハリがあり、瑞々しいのは、真皮層にコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が多いからです。40代になると、ヒアルロン酸は、赤ちゃんの真皮のヒアルロン酸量の約半分程度になってしまいます。

顔のたるみの原因(2)表情筋・深層筋の衰え

顔には「表情筋」と「深層筋」と呼ばれる2種類の筋肉があります。表情筋は、文字通り表情を作る筋肉で、皮膚のすぐ下にあります。一方、深層筋は、骨に付いている筋肉で、表情筋の下で表情筋を支えています。また、深層筋はポンプのように血液を顔全体に送り届ける役割をしています。

表情筋が衰えると、その上にある脂肪や皮膚を支えられなくなってしまいます。深層筋が衰えると、表情筋が支えられなくなったり、肌に栄養がいきわたらなくなります。そのため、表情筋と深層筋の衰えはたるみの原因となるのです。

顔のたるみの原因(3)猫背・姿勢の悪さ

顔の筋肉は頭や首と繋がっています。猫背で顔を突き出すような悪い姿勢は、首の後ろ側が縮み、首の前部分が伸びるため、頬が下方向に引っ張られてしまいます。近年は、20代でたるみやほうれい線に悩む人が増えていると言いますが、その原因の1つが長時間のデスクワーク。上述の通り、悪い姿勢を長時間続けると、顔の筋肉が引っ張られ、たるみの原因となります。

顔のたるみの解消法

以上のように、一言で「たるみ」と言っても原因はさまざま。また、多くの人は、たるみの原因は1つではなく、複数の原因が複合的に絡み合って、顔のたるみを引き起こしています。たるみを予防・解消するためには、以下のようなことが効果的です。

  • 紫外線対策をしっかりと行う
  • バランスの良い食事を摂る
  • 良質な睡眠
  • 保湿
  • 顔の表情筋、深層筋を鍛える
  • 正しい姿勢を保つ
  • フェイスマッサージや頭皮のマッサージ

たるみに限らず、美肌を保つ上で重要な食事や睡眠、紫外線対策をしっかり行うと同時に、たるみ対策のマッサージなどのケアを追加していくことで、たるみを予防・改善することができます。

0 コメント

たるみ肌の原因と対策

シミやシワなどもそうですが、見た目年齢を上げやすいものとして「顔のたるみ」があります。個人差はあるものの、10歳は老けて見えてしまう「顔のたるみ」について、原因や解消法をご紹介します

顔のたるみの原因(1)肌弾力の低下

肌の弾力が低下すると、顔のたるみの原因になります。私たちの肌の真皮層には、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの成分があります。肌の弾力は、これらの成分が真皮層に適切な構造で十分に存在することで保たれています。しかし、肌の弾力(ハリ)は以下のようなことで失われてしまいます。

紫外線

紫外線、特にUVAは真皮層にまで届き、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す「繊維芽細胞」という細胞にダメージを与えます。線維芽細胞がダメージを受けると、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの生成量が減ってしまうだけではなく、これらを分解する酵素が過剰に分泌され、肌の弾力が失われます。

生活習慣

繊維芽細胞がコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を生成するには、たんぱく質やビタミンCをはじめ、様々な栄養素が必要です。食生活のバランスが悪いと、線維芽細胞に十分な栄養がいきわたらず、肌のハリが失われます。また、「お肌は夜作られる」と言われるくらい、睡眠は肌にとって重要です。当然ながら、睡眠不足も肌のたるみの原因となります。

乾燥

角質層の水分保持力が低下した状態、つまり肌が乾燥した状態になると、真皮層の水分を十分に保つことができなくなり、真皮層の負担となります。

加齢

赤ちゃんの肌にハリがあり、瑞々しいのは、真皮層にコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が多いからです。40代になると、ヒアルロン酸は、赤ちゃんの真皮のヒアルロン酸量の約半分程度になってしまいます。

顔のたるみの原因(2)表情筋・深層筋の衰え

顔には「表情筋」と「深層筋」と呼ばれる2種類の筋肉があります。表情筋は、文字通り表情を作る筋肉で、皮膚のすぐ下にあります。一方、深層筋は、骨に付いている筋肉で、表情筋の下で表情筋を支えています。また、深層筋はポンプのように血液を顔全体に送り届ける役割をしています。

表情筋が衰えると、その上にある脂肪や皮膚を支えられなくなってしまいます。深層筋が衰えると、表情筋が支えられなくなったり、肌に栄養がいきわたらなくなります。そのため、表情筋と深層筋の衰えはたるみの原因となるのです。

顔のたるみの原因(3)猫背・姿勢の悪さ

顔の筋肉は頭や首と繋がっています。猫背で顔を突き出すような悪い姿勢は、首の後ろ側が縮み、首の前部分が伸びるため、頬が下方向に引っ張られてしまいます。近年は、20代でたるみやほうれい線に悩む人が増えていると言いますが、その原因の1つが長時間のデスクワーク。上述の通り、悪い姿勢を長時間続けると、顔の筋肉が引っ張られ、たるみの原因となります。

顔のたるみの解消法

以上のように、一言で「たるみ」と言っても原因はさまざま。また、多くの人は、たるみの原因は1つではなく、複数の原因が複合的に絡み合って、顔のたるみを引き起こしています。たるみを予防・解消するためには、以下のようなことが効果的です。

  • 紫外線対策をしっかりと行う
  • バランスの良い食事を摂る
  • 良質な睡眠
  • 保湿
  • 顔の表情筋、深層筋を鍛える
  • 正しい姿勢を保つ
  • フェイスマッサージや頭皮のマッサージ

たるみに限らず、美肌を保つ上で重要な食事や睡眠、紫外線対策をしっかり行うと同時に、たるみ対策のマッサージなどのケアを追加していくことで、たるみを予防・改善することができます。

0 コメント

ナイター営業を試験的に2日間いたします。

続きを読む 0 コメント

Q:朝、八時でもカットしてくれますか?

A:当店の営業時間は平日9:00、土日祝日は8:30からですが、前日までに必ず電話予約を頂ければできるだけ対応させていただきます。冠婚葬祭で朝6時のご予約をお受けしたこともございますので、お気軽にご相談ください。

 

1 コメント

A:何時までカットしてもらえますか?

A:基本的には平日19:30までにご来店いただければ、カットのみならずカラー・パーマも御承ります。営業定時を遅れそうなときは電話でご相談ください。以前、翌日早朝に出張のためにどうしても今日切りたいとのことで20:00からの施術を行ったこともあります。

0 コメント

A:顔剃りは苦手なんですが、料金は変わらないのですか?

A:カミソリ負けや肌の弱いお客様でお顔そりを敬遠される方もいます。

 料金は一般・学生はシェービング400円、シャンプー300円を減算いたします。

 例:一般カットオンリー3000円 一般カットシャンプー3300円

0 コメント

Q:子供のお顔そりはできますか?何歳からできますか?

A:はい、年齢限らずさせていただいております。しかし、子供ですのでじっとしてられないなど、怖くて嫌がるなど施術に危険が伴うこともありますので、安全上不可能な場合もあります。当店では3種類の道具で対応させていただいております。普通のカミソリ、刃に安全のためのギザギザがついたガード刃と言われるもの、産毛トリマーと仕上がりは順番に落ちますが、安全性は順番に増します。状況に応じて対応いたしますが、最終的には安全第一をモットーにしています。

0 コメント

Q:駐車場はありますか?

A:お店の前が駐車場になっています。2台分あります。少々奥行きが狭いですが遠慮なく駐車下さい。お店の同じ通りで約30Mのところにも駐車場があります。当店の看板があります。手前の1番2番が当サロンの駐車場です。よろしくお願いします。

0 コメント

Q:クレジットカードでの支払いはできますか?

A:現金でのお支払いのみになります。申し訳ありません。

0 コメント

Q:切り直しの料金はかかりますか?

A:1週間以内の切り直しは無料でさせていただいています。子供さんのカットで、ご両親との希望が異なって無料で切り直しをさせていただきました。お気軽にご連絡下さい。

1 コメント

Q:切り直してもらいたいのですが、日程の都合で一週間以内では来店できないのですが・・・?

A:以前、子供さんの『部活の遠征の都合のため1週間以内には来店できない』ということで10日後に無料で切り直しさせていただきました。遠慮なくお早めにご連絡下さい。日程の調整をさせていただきます。

0 コメント

Q:カットの時間はどれくらいかかりますか?

カット、シャンプー、シェービングで1時間くらいかかります。

ご希望の時間を教えていただければ、可能な限りで対応させていただきます。

他のお客様との兼ね合いもありますので、電話でのご連絡いただければ幸いです。

前日にご連絡いただければ確実に時間を確保できます。

0 コメント

A: 予約なしでもカットできますか?

A:他のお客様の予約がありませんでしたら、すぐに施術させていただきます。もし予約で空いていませんでしたら、空いている時間をお伝えいたします。お客様のお時間を大切にするため、お出掛け前にでも『今、空いてる』とお電話いただけたら幸いです。

0 コメント

Q:当日のネット予約はできないのですか?

・A:当日の予約は電話でお願いします。土・日・祝日は希望時間に予約が埋まっている場合もありますので、第二希望も記入いただけましたら幸いです。

 

0 コメント

Q:子供を連れて来店したいのですが?

A:ご安心ください。アニメを見ながらカットもできます。お気に入りのDVDがございましたら持ってきていただいても大丈夫です。

ご家族でご来店の場合、個室のスパルームをファミリールームとして、他のお客様と分かれて使っていただいた事もあります。

2 コメント

Q:形状記憶パーマってなんですか?

A:簡単に言うと、「シャンプー後の濡れた状態ではほぼ直毛ですが、乾かすとかけたパーマ形状が復活する」。特に熱を加えて乾かす、ドライヤーをかけるとシッカリと形が出てきます。

非常にセットが簡単です。

パーマをかけたことがある人は分かると思いますが、通常のパーマですと濡れ髪の状態が一番パーマの形状がシッカリと現れ、乾かすにつれて形状が弱くなっていきます。

パーマになれた人ですと、この性質を活かしてセットしてお好みのパーマのかかり具合を楽しみますが、慣れていない人はパーマが乾かし方で強く出たり、のびてしまったりと上手く扱えないことがあります。

形状記憶パーマはとにかくドライヤーを当てればOK!というパーマです。

詳しくは『形状記憶パーマ』のページに画像、解説があります。

おかげさまで1周年感謝記念

10月1日~11月末日感謝記念は下記の通りです

続きを読む 0 コメント

くすみ肌の原因と対策

顔のたるみの原因(1)肌弾力の低下

肌の弾力が低下すると、顔のたるみの原因になります。私たちの肌の真皮層には、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの成分があります。肌の弾力は、これらの成分が真皮層に適切な構造で十分に存在することで保たれています。しかし、肌の弾力(ハリ)は以下のようなことで失われてしまいます。

紫外線

紫外線、特にUVAは真皮層にまで届き、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す「繊維芽細胞」という細胞にダメージを与えます。線維芽細胞がダメージを受けると、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの生成量が減ってしまうだけではなく、これらを分解する酵素が過剰に分泌され、肌の弾力が失われます。

生活習慣

繊維芽細胞がコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を生成するには、たんぱく質やビタミンCをはじめ、様々な栄養素が必要です。食生活のバランスが悪いと、線維芽細胞に十分な栄養がいきわたらず、肌のハリが失われます。また、「お肌は夜作られる」と言われるくらい、睡眠は肌にとって重要です。当然ながら、睡眠不足も肌のたるみの原因となります。

乾燥

角質層の水分保持力が低下した状態、つまり肌が乾燥した状態になると、真皮層の水分を十分に保つことができなくなり、真皮層の負担となります。

加齢

赤ちゃんの肌にハリがあり、瑞々しいのは、真皮層にコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が多いからです。40代になると、ヒアルロン酸は、赤ちゃんの真皮のヒアルロン酸量の約半分程度になってしまいます。

顔のたるみの原因(2)表情筋・深層筋の衰え

顔には「表情筋」と「深層筋」と呼ばれる2種類の筋肉があります。表情筋は、文字通り表情を作る筋肉で、皮膚のすぐ下にあります。一方、深層筋は、骨に付いている筋肉で、表情筋の下で表情筋を支えています。また、深層筋はポンプのように血液を顔全体に送り届ける役割をしています。

表情筋が衰えると、その上にある脂肪や皮膚を支えられなくなってしまいます。深層筋が衰えると、表情筋が支えられなくなったり、肌に栄養がいきわたらなくなります。そのため、表情筋と深層筋の衰えはたるみの原因となるのです。

顔のたるみの原因(3)猫背・姿勢の悪さ

顔の筋肉は頭や首と繋がっています。猫背で顔を突き出すような悪い姿勢は、首の後ろ側が縮み、首の前部分が伸びるため、頬が下方向に引っ張られてしまいます。近年は、20代でたるみやほうれい線に悩む人が増えていると言いますが、その原因の1つが長時間のデスクワーク。上述の通り、悪い姿勢を長時間続けると、顔の筋肉が引っ張られ、たるみの原因となります。

顔のたるみの解消法

以上のように、一言で「たるみ」と言っても原因はさまざま。また、多くの人は、たるみの原因は1つではなく、複数の原因が複合的に絡み合って、顔のたるみを引き起こしています。たるみを予防・解消するためには、以下のようなことが効果的です。

  • 紫外線対策をしっかりと行う
  • バランスの良い食事を摂る
  • 良質な睡眠
  • 保湿
  • 顔の表情筋、深層筋を鍛える
  • 正しい姿勢を保つ
  • フェイスマッサージや頭皮のマッサージ

たるみに限らず、美肌を保つ上で重要な食事や睡眠、紫外線対策をしっかり行うと同時に、たるみ対策のマッサージなどのケアを追加していくことで、たるみを予防・改善することができます。

0 コメント

たるみ肌の原因と対策

シミやシワなどもそうですが、見た目年齢を上げやすいものとして「顔のたるみ」があります。個人差はあるものの、10歳は老けて見えてしまう「顔のたるみ」について、原因や解消法をご紹介します

顔のたるみの原因(1)肌弾力の低下

肌の弾力が低下すると、顔のたるみの原因になります。私たちの肌の真皮層には、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの成分があります。肌の弾力は、これらの成分が真皮層に適切な構造で十分に存在することで保たれています。しかし、肌の弾力(ハリ)は以下のようなことで失われてしまいます。

紫外線

紫外線、特にUVAは真皮層にまで届き、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す「繊維芽細胞」という細胞にダメージを与えます。線維芽細胞がダメージを受けると、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの生成量が減ってしまうだけではなく、これらを分解する酵素が過剰に分泌され、肌の弾力が失われます。

生活習慣

繊維芽細胞がコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を生成するには、たんぱく質やビタミンCをはじめ、様々な栄養素が必要です。食生活のバランスが悪いと、線維芽細胞に十分な栄養がいきわたらず、肌のハリが失われます。また、「お肌は夜作られる」と言われるくらい、睡眠は肌にとって重要です。当然ながら、睡眠不足も肌のたるみの原因となります。

乾燥

角質層の水分保持力が低下した状態、つまり肌が乾燥した状態になると、真皮層の水分を十分に保つことができなくなり、真皮層の負担となります。

加齢

赤ちゃんの肌にハリがあり、瑞々しいのは、真皮層にコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が多いからです。40代になると、ヒアルロン酸は、赤ちゃんの真皮のヒアルロン酸量の約半分程度になってしまいます。

顔のたるみの原因(2)表情筋・深層筋の衰え

顔には「表情筋」と「深層筋」と呼ばれる2種類の筋肉があります。表情筋は、文字通り表情を作る筋肉で、皮膚のすぐ下にあります。一方、深層筋は、骨に付いている筋肉で、表情筋の下で表情筋を支えています。また、深層筋はポンプのように血液を顔全体に送り届ける役割をしています。

表情筋が衰えると、その上にある脂肪や皮膚を支えられなくなってしまいます。深層筋が衰えると、表情筋が支えられなくなったり、肌に栄養がいきわたらなくなります。そのため、表情筋と深層筋の衰えはたるみの原因となるのです。

顔のたるみの原因(3)猫背・姿勢の悪さ

顔の筋肉は頭や首と繋がっています。猫背で顔を突き出すような悪い姿勢は、首の後ろ側が縮み、首の前部分が伸びるため、頬が下方向に引っ張られてしまいます。近年は、20代でたるみやほうれい線に悩む人が増えていると言いますが、その原因の1つが長時間のデスクワーク。上述の通り、悪い姿勢を長時間続けると、顔の筋肉が引っ張られ、たるみの原因となります。

顔のたるみの解消法

以上のように、一言で「たるみ」と言っても原因はさまざま。また、多くの人は、たるみの原因は1つではなく、複数の原因が複合的に絡み合って、顔のたるみを引き起こしています。たるみを予防・解消するためには、以下のようなことが効果的です。

  • 紫外線対策をしっかりと行う
  • バランスの良い食事を摂る
  • 良質な睡眠
  • 保湿
  • 顔の表情筋、深層筋を鍛える
  • 正しい姿勢を保つ
  • フェイスマッサージや頭皮のマッサージ

たるみに限らず、美肌を保つ上で重要な食事や睡眠、紫外線対策をしっかり行うと同時に、たるみ対策のマッサージなどのケアを追加していくことで、たるみを予防・改善することができます。

0 コメント

ナイター営業を試験的に2日間いたします。

続きを読む 0 コメント

Q:形状記憶パーマってなんですか?

A:簡単に言うと、「シャンプー後の濡れた状態ではほぼ直毛ですが、乾かすとかけたパーマ形状が復活する」。特に熱を加えて乾かす、ドライヤーをかけるとシッカリと形が出てきます。

非常にセットが簡単です。

パーマをかけたことがある人は分かると思いますが、通常のパーマですと濡れ髪の状態が一番パーマの形状がシッカリと現れ、乾かすにつれて形状が弱くなっていきます。

パーマになれた人ですと、この性質を活かしてセットしてお好みのパーマのかかり具合を楽しみますが、慣れていない人はパーマが乾かし方で強く出たり、のびてしまったりと上手く扱えないことがあります。

形状記憶パーマはとにかくドライヤーを当てればOK!というパーマです。

詳しくは『形状記憶パーマ』のページに画像、解説があります。

おかげさまで1周年感謝記念

10月1日~11月末日感謝記念は下記の通りです

続きを読む 0 コメント

くすみ肌の原因と対策

顔のたるみの原因(1)肌弾力の低下

肌の弾力が低下すると、顔のたるみの原因になります。私たちの肌の真皮層には、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの成分があります。肌の弾力は、これらの成分が真皮層に適切な構造で十分に存在することで保たれています。しかし、肌の弾力(ハリ)は以下のようなことで失われてしまいます。

紫外線

紫外線、特にUVAは真皮層にまで届き、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す「繊維芽細胞」という細胞にダメージを与えます。線維芽細胞がダメージを受けると、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの生成量が減ってしまうだけではなく、これらを分解する酵素が過剰に分泌され、肌の弾力が失われます。

生活習慣

繊維芽細胞がコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を生成するには、たんぱく質やビタミンCをはじめ、様々な栄養素が必要です。食生活のバランスが悪いと、線維芽細胞に十分な栄養がいきわたらず、肌のハリが失われます。また、「お肌は夜作られる」と言われるくらい、睡眠は肌にとって重要です。当然ながら、睡眠不足も肌のたるみの原因となります。

乾燥

角質層の水分保持力が低下した状態、つまり肌が乾燥した状態になると、真皮層の水分を十分に保つことができなくなり、真皮層の負担となります。

加齢

赤ちゃんの肌にハリがあり、瑞々しいのは、真皮層にコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が多いからです。40代になると、ヒアルロン酸は、赤ちゃんの真皮のヒアルロン酸量の約半分程度になってしまいます。

顔のたるみの原因(2)表情筋・深層筋の衰え

顔には「表情筋」と「深層筋」と呼ばれる2種類の筋肉があります。表情筋は、文字通り表情を作る筋肉で、皮膚のすぐ下にあります。一方、深層筋は、骨に付いている筋肉で、表情筋の下で表情筋を支えています。また、深層筋はポンプのように血液を顔全体に送り届ける役割をしています。

表情筋が衰えると、その上にある脂肪や皮膚を支えられなくなってしまいます。深層筋が衰えると、表情筋が支えられなくなったり、肌に栄養がいきわたらなくなります。そのため、表情筋と深層筋の衰えはたるみの原因となるのです。

顔のたるみの原因(3)猫背・姿勢の悪さ

顔の筋肉は頭や首と繋がっています。猫背で顔を突き出すような悪い姿勢は、首の後ろ側が縮み、首の前部分が伸びるため、頬が下方向に引っ張られてしまいます。近年は、20代でたるみやほうれい線に悩む人が増えていると言いますが、その原因の1つが長時間のデスクワーク。上述の通り、悪い姿勢を長時間続けると、顔の筋肉が引っ張られ、たるみの原因となります。

顔のたるみの解消法

以上のように、一言で「たるみ」と言っても原因はさまざま。また、多くの人は、たるみの原因は1つではなく、複数の原因が複合的に絡み合って、顔のたるみを引き起こしています。たるみを予防・解消するためには、以下のようなことが効果的です。

  • 紫外線対策をしっかりと行う
  • バランスの良い食事を摂る
  • 良質な睡眠
  • 保湿
  • 顔の表情筋、深層筋を鍛える
  • 正しい姿勢を保つ
  • フェイスマッサージや頭皮のマッサージ

たるみに限らず、美肌を保つ上で重要な食事や睡眠、紫外線対策をしっかり行うと同時に、たるみ対策のマッサージなどのケアを追加していくことで、たるみを予防・改善することができます。

0 コメント

たるみ肌の原因と対策

シミやシワなどもそうですが、見た目年齢を上げやすいものとして「顔のたるみ」があります。個人差はあるものの、10歳は老けて見えてしまう「顔のたるみ」について、原因や解消法をご紹介します

顔のたるみの原因(1)肌弾力の低下

肌の弾力が低下すると、顔のたるみの原因になります。私たちの肌の真皮層には、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの成分があります。肌の弾力は、これらの成分が真皮層に適切な構造で十分に存在することで保たれています。しかし、肌の弾力(ハリ)は以下のようなことで失われてしまいます。

紫外線

紫外線、特にUVAは真皮層にまで届き、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す「繊維芽細胞」という細胞にダメージを与えます。線維芽細胞がダメージを受けると、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの生成量が減ってしまうだけではなく、これらを分解する酵素が過剰に分泌され、肌の弾力が失われます。

生活習慣

繊維芽細胞がコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を生成するには、たんぱく質やビタミンCをはじめ、様々な栄養素が必要です。食生活のバランスが悪いと、線維芽細胞に十分な栄養がいきわたらず、肌のハリが失われます。また、「お肌は夜作られる」と言われるくらい、睡眠は肌にとって重要です。当然ながら、睡眠不足も肌のたるみの原因となります。

乾燥

角質層の水分保持力が低下した状態、つまり肌が乾燥した状態になると、真皮層の水分を十分に保つことができなくなり、真皮層の負担となります。

加齢

赤ちゃんの肌にハリがあり、瑞々しいのは、真皮層にコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が多いからです。40代になると、ヒアルロン酸は、赤ちゃんの真皮のヒアルロン酸量の約半分程度になってしまいます。

顔のたるみの原因(2)表情筋・深層筋の衰え

顔には「表情筋」と「深層筋」と呼ばれる2種類の筋肉があります。表情筋は、文字通り表情を作る筋肉で、皮膚のすぐ下にあります。一方、深層筋は、骨に付いている筋肉で、表情筋の下で表情筋を支えています。また、深層筋はポンプのように血液を顔全体に送り届ける役割をしています。

表情筋が衰えると、その上にある脂肪や皮膚を支えられなくなってしまいます。深層筋が衰えると、表情筋が支えられなくなったり、肌に栄養がいきわたらなくなります。そのため、表情筋と深層筋の衰えはたるみの原因となるのです。

顔のたるみの原因(3)猫背・姿勢の悪さ

顔の筋肉は頭や首と繋がっています。猫背で顔を突き出すような悪い姿勢は、首の後ろ側が縮み、首の前部分が伸びるため、頬が下方向に引っ張られてしまいます。近年は、20代でたるみやほうれい線に悩む人が増えていると言いますが、その原因の1つが長時間のデスクワーク。上述の通り、悪い姿勢を長時間続けると、顔の筋肉が引っ張られ、たるみの原因となります。

顔のたるみの解消法

以上のように、一言で「たるみ」と言っても原因はさまざま。また、多くの人は、たるみの原因は1つではなく、複数の原因が複合的に絡み合って、顔のたるみを引き起こしています。たるみを予防・解消するためには、以下のようなことが効果的です。

  • 紫外線対策をしっかりと行う
  • バランスの良い食事を摂る
  • 良質な睡眠
  • 保湿
  • 顔の表情筋、深層筋を鍛える
  • 正しい姿勢を保つ
  • フェイスマッサージや頭皮のマッサージ

たるみに限らず、美肌を保つ上で重要な食事や睡眠、紫外線対策をしっかり行うと同時に、たるみ対策のマッサージなどのケアを追加していくことで、たるみを予防・改善することができます。

0 コメント

ナイター営業を試験的に2日間いたします。

続きを読む 0 コメント